引越しお役立ちコラム

引っ越し段取り・手順について

更新日:

新入学、新社会人、転勤、家族で新居への引っ越しなどなど特に春先には引っ越しをされる方はたくさんいますね。引っ越し業者について紹介してきましたが、肝心の引っ越しの準備はどうすればいいでしょうか?何から始めればいいかわからない!という方にもおすすめの引っ越し手順を紹介していきます。

何から始めればいい?

引っ越しをする時期は大方決まっている人がほとんどでしょう。なんとなく、今の会社からは遠いところに住んでいるからもう少し近くに住もうかな…など急に思いつきで引っ越しをする場合にもある程度準備が必要です。

まずは、引っ越し業者の見積価格を調べることです。引っ越し業者はたくさんありますが、一括で住所や引っ越し日時を入力すると業者ごとに費用を比較できるサイトもあるので参考にしてみるといいでしょう。

けれどもこの引っ越し費用の見積もりについては最終的に営業の方との打ち合わせが必要となります。2、3社ぐらいに引っ越し業社を絞ってから連絡を入れておくといいでしょう。何かとトラブルがあった時に他の業者に引っ越しを依頼できるようにも早めに見積もりはとっておくことです。

引っ越しの段取り・項目について

順番としては以下の通りです。
・見積もり

・荷物の大まかな整理・片付け(見積もりの連絡も同時並行で)

・引っ越し日時の決定

・引っ越しの打ち合わせ

・服など季節ごとにすぐに必要でないものはダンボールに詰めるだけの状態にする

・引っ越し日時の2週間〜1ヶ月以上前には公的な手続きを済ます

・家電の整理(冷蔵庫の水抜きなど)
引っ越しの前日にでも済ます

・引っ越し当日

このように進めていくのですが、打ち合わせの部分で多少引っ越し日時が前後するのでゆとりを持って進めていくといいでしょう。
業者によっては1日異なるだけで割引価格が異なります。費用が予定よりも高くなることを考えてフレキシブルに対応できるようにしましょう。

水道やガス会社への連絡もできれば1ヶ月以上前に一度連絡をして聞いてみるといいでしょう。引っ越し業者によっては手続きを一括で行ってくれるところもあるので打ち合わせで聞いてみてもいいでしょう。

時間がかかるもの・短時間で済むものを把握しておくこと

見積もりの打ち合わせでかなり時間がかかるようです。できれば自分でどこまでするかを決めておきましょう。例えば荷ほどきは自分でできるから依頼しなくても構わないという場合は伝えておきましょう。

作業時間としては面倒であるけれどそこまでかからないものは公的手続きです。早めにチェックリストを作って、一つずつ片付けていくようにしましょう。

また、ものを断捨離できない方は特に片付けを早めに進めて下さい。見積もりと同じように時間がかかるので長時間の作業となります。
細々したもので捨てるのが大変だ、もったいないと感じるのであればフリマアプリで日頃から出品してみるようにしましょう。

計画的に行動してスムーズな引っ越しをしたい!

スムーズに引っ越しができるかどうかは計画性と行動力に左右されます。そして引っ越しを業者に依頼する場合は必ず初めの段階で一社に絞るのではなく数社目星をつけて連絡をしてみるようにしてみましょう。現住所、または引っ越し先の住所の近くに営業所があるのであればそこの業者の見積もりもとってみるといいでしょう。

見積もりと片付けは早めに取り掛かるようにしてみましょう。

-引越しお役立ちコラム

Copyright© 引越しWEB見積もりネット , 2019 AllRights Reserved.