引越しお役立ちコラム

知ってないと恥ずかしい!?1.1K、1R、1LDKなどの違い

投稿日:

賃貸の部屋を借りる時に、一人暮らしだと1Kや1R、1DK、1LDKなど同じ一部屋でも種類がありますよね。それぞれどんな違いがあるのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。それぞれの違いについて比較してみましょう。

一部屋の賃貸でもこんなに種類がある!

一部屋といっても実は種類がたくさんあります。あなたが理想としているお部屋はどのタイプになるのか、また予算などと合わせて検討してみるといいのではないでしょうか。

1R

一部屋の中に小さなキッチンがついている一番簡素的なタイプの物件になります。キッチンと部屋に仕切りがある場合もありますが、ほとんどは仕切りなどなく1つの部屋ですべて完結しています。見通しもよく風通りもいいのですが、玄関から見た時にすべてが丸見えになってしまい、誰かを招く物件というイメージではないかもしれません。
賃貸の中では一番安価な物件になります。

1K

4.5畳未満のキッチンがあり、部屋との境に仕切りがあります。キッチンのスペースと居住空間である部屋をしっかりと区切ることができるので生活のしやすい物件になります。
料理のニオイや煙が部屋に行く心配もありません。1Kの場合、物件によって個性があり物件によって雰囲気が違うので気にいる形の1Kを選ぶのをおすすめします。

1DK

1Kぐらいのよりも広めのリビングがあり8畳ぐらいのスペースがあります。ダイニングテーブルを置くこともできますし、部屋としっかりとわかれているので使いやすいタイプの物件になります。誰か招いた時もリビングに案内することができるので部屋の居住空間を見られる心配もなく使えるといったメリットもあります。

1LDK

一部屋の中では一番広いタイプになり、賃貸のお値段も高めです。広めのキッチンスペース&リビングがあり、仕切られた居住空間もあるので広々と使うことができます。ただし物件によってそれぞれの広さの割合が異なります。物件の中にはK=キッチンが広く部屋が狭い場合もありますし、その逆も十分考えられます。総面積が1DKぐらいの広さしかない場合もあり、1LDK=広いと思っていると驚かされるようになります。

それぞれの違いについて説明しましたが、1Kや1R、1DK、1LDKだけの表記ではわからない部屋の作りによる印象や、見た目、住みやすさなどもありますので気になる物件は気軽に見学に行き実際に自分の目で見て判断するのをおすすめします。広さだけでなく築年数が新しく駅近になればなるほど家賃相場も上がりますので、自分の納得できる物件を探しましょう。

-引越しお役立ちコラム

Copyright© 引越しWEB見積もりネット , 2019 AllRights Reserved.