引越しお役立ちコラム

引越しは年間でいつが一番オトク?値切れる?

更新日:

会社の転勤・書き換え・更新など家を引っ越すタイミングは人それぞれです。引越しはお金がかかるしできるだけ安い料金で引越しができるにこしたことはありませんが、実際には予定の調整がきかずに引越しの繁忙期といわれる2月~3月に引っ越す人も多いのではないでしょうか。

そもそも引越しをする時期は年間の中でもいつが一番オトクにできるのでしょうか?
また値段に納得できない時は引越し業者に値切って希望の値段にしてもらうことはできるのか、調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

引越し料金の差とは?いつが一番オトク?

そもそも引越しの金額にどうして大きな差が出るのかというと、

需要が高い=引越し料金も高い

需要が低い=引越し料金が安い

実はこれだけの理由になります。

引越し会社にとってもできるだけ1年を通して利用者が欲しいので需要が低い時期は値下げをしてでもお客さんが欲しいのです。
逆に需要が高い時期になればある程度高い値段を提示しても、必ず利用者はあるので値下げをしないため高い金額になります。

一般的に引越し業界が忙しいとされているのは2月~3月、8月~9月の異動が多い時期や夏休みなどのタイミングを狙って引越しをする人が多く、この時期は需要があがります。

逆に1月・5月6月7月・12月は会社が忙しい時期だったり、人の流れが少ない時期になるので引越し料金が安くなる時期でもあります。特に月の初旬から中旬にかけては引越しの依頼が少なめなので、この時期に調整できる人は上手に合わせて引越しするのをおすすめします。

引越し料金は値下げ交渉できる?

引越し料金は需要が少ない時期であれば、値切ることができます。何社か見積りをもらった後に「○○社の方がお値段も安くて迷っているのですが・・・」と相談してみてください。

特に平日の引越しの場合は大幅な値下げも夢ではありません。見積りを依頼してきたお客様を他社に取られたくないと思うのは、どの業界でも同じです。
引越し業者に交渉すると意外と簡単に値段を下げてくれます。

ただし、需要の多い時期は引越し業者も人出が欲しいぐらいに混み合いますので、値切っても成功しない場合の方が多いといえます。

引越し業者に依頼する時もただ見積りをもらったままで契約してしまうのではなく、少しでもオトクに引越しができる方がいいものです。引越しの閑散期などを狙える人はタイミングをみて引越しを検討してみてくださいね。曜日も重要です。

-引越しお役立ちコラム

Copyright© 引越しWEB見積もりネット , 2019 AllRights Reserved.