引越しお役立ちコラム

引越し費用を抑えたい人向け!混載便とは?

更新日:

引越しには何かとお金がかかります。とくに新学期や新年度に向けての引越しは引越し業者も繁忙期で、料金も高めになっています。少しでも引越し費用を抑えるためにおすすめな混載便を利用してみましょう。

混載便とは?

まずは混載便についての概要をご紹介します。
混載便とは、通常1台のトラックを貸し切って行う引越しを、他の依頼者の荷物と一緒に運ぶことでトラックのレンタル代や燃料費、人件費などを節約し、その分の料金を抑えることができるというもの。大手の引越し業者ではほとんどの業者がこの混載便を採用していますので、利用できるようならぜひ利用することをおすすめします。
混載便はあらかじめ荷物を詰め込める量が決まっていますので、その分をオーバーしないようにするのが大切です。

混載便のメリット

混載便はとにかく料金が格安で済むというのが一番のメリットです。他の依頼者と引越しにかかる諸々の費用を折半できるので、通常の費用の半分程度の価格で引越しを済ませることができることもあります。
依頼した引越し業者のホームページに混載便の記載がなくても「おまとめ便」「ご一緒便」などと称して混載便を行っている可能性もありますので、混載便のようなサービスがないか確認してみるとスムーズです。

混載便のデメリット

混載便は料金を安く抑えることができるプランですが、デメリットも多いので注意しておきましょう。
まずは荷物の紛失や誤送について。他の人の荷物と一緒に運ぶわけですから、当然誤送の可能性が高くなります。混載便は一人の依頼主に対してコンテナ1台など誤送を防ぐ工夫がしてある業者も多いですが、不安な場合はダンボールに名前を書いておいたり、あらかじめダンボールの数を確認して現地で再度確認するなどの工夫を忘れないようにしてください。
また、時間や日時の指定がしにくいことも混載便のデメリットです。他の依頼者が集まらないことには混載便として出発することができませんので、ギリギリまで引越しできる日がいつになるか分からないという可能性がでてきます。
荷物を全部運び出して引越し業者の倉庫で預かり、依頼があり次第現地に向かうというプランもあります。その間の数日をホテルで過ごすと余計なコストがかかってしまいますので、友人宅や実家に居候することに。あらかじめきちんと説明し、いさせてもらってもいいか確認するようにしましょう。
他の依頼者の荷物を先に降ろすことになれば、到着時間も不明になります。夕方や夜以降になることもありますので、当日はかなり余裕を持って行動する必要があります。
多くの依頼者がいることが前提ですので、中小規模の引越し業者では取り扱っていないことも。短い距離の引越しの場合は、中小規模の業者の格安の費用とそこまで変わらない可能性もあります。

混載便が向いているのはこんな人

混載便はこのように何かとデメリットが多いプランです。そのため、時間にかなり余裕がある方が向いていると言えます。引越しの日時が決められないといっても、指定した日の前後で調整してくれますので、何ヶ月も待つということはありません。むしろ繁忙期ならスムーズに日にちが決まる可能性も高いです。引越し業者と相談しながら決めていきましょう。
また、1台のトラックを分けて使うわけですから、荷物の量があまりにも多い人、家族での引越しなどには向きません。荷物の少ない単身者や、実家から一人暮らしを始めるため家具が少ないという方には混載便はおすすめです。

費用を抑えたい!でも混載便はちょっと…という方は

混載便を利用するには何かと条件があります。家族での引越しや日にちを指定して引っ越したい、数日泊まれるような場所がないという方は多いですよね。それでも引越し費用を安く抑えたいという方は、他の方法を考えてみましょう。
例えば貨物列車を利用する引越し。長距離の引越しの際に役に立ちます。トラックで長距離の荷物を運んでもらうのは高速代や人件費などがかかってしまいますが、貨物列車に乗せて運んでもらうことでトラックにかかる費用を抑えることができます。数日かかる可能性はありますが、日付は指定できます。その間は簡易布団や最小限の衣類で過ごし、当日に自分で運ぶか宅配便で送るなどの工夫をすることで寝泊りの問題も解決できます。
日付を指定し、時間を指定しないだけでも金額には大きな変化があります。金曜日や土曜日に引越しを行えば、荷物を運び込むのが夜遅くになっても休日を使ってゆっくり荷解きを行うことができますよ。

混載便を利用して引越し費用をお得に!

引越しにかかる費用を大幅に抑えることができる混載便。デメリットも多いですが、これらが気にならないという方は使わない手はありません!荷物が少ない、時間に余裕がある、寝泊りできる場所があるという方は、ぜひ混載便を利用しましょう。引越し費用を少しでも安く抑えることができれば、新生活も余裕をもって迎えることができそうですね。

-引越しお役立ちコラム

Copyright© 引越しWEB見積もりネット , 2019 AllRights Reserved.