引越しお役立ちコラム

引っ越し費用を安くするには?

更新日:

引っ越し費用はなるべく安く済ましたいですよね。家族で引っ越しをする場合は荷物がたくさんあるでしょうし、遠距離になると引っ越し費用はそれに比例して高くなります。悩ましいところですね。
見定めるべきは荷物の量と距離、そして安心できる業者選びです。

今回は引っ越し費用を安くするにはどうすれば良いか、考えていきましょう。

引っ越し費用をどう思う?

正直なところ個人的には高いし、意味がないな…とも思ってしまいます。物がほとんどない場合はこう感じる人もいるかもしれません。引っ越しをする際に今まで使っていた家電など大きな物は引っ越し先で買い換える場合もあるのでそういう時は最低限の荷物で引っ越しは済んでしまいます。
さすがに家族で引っ越しをする場合は冷蔵庫などの家電も大きく、長く使える物を選ぶでしょうから、引っ越しのたびに買い換えることはできません。

引っ越し費用を安くするために、単身者で転勤が多い人であれば毎回物を買う必要はないので家電レンタルを利用するとお得に引っ越しを頼むこともできます。また、どうしても荷物を減らせない場合や、引っ越しが遠方になる場合には引っ越し業者を選ぶしかありません。

引っ越し業者に頼むべき人

引っ越し業者に必ず引っ越し準備や運搬を依頼する必要はありませんが、以下の項目に当てはまる人は引っ越し業者に見積もり依頼すると良いかと思います。

  • 引っ越しをする場合荷物がたくさんある人
  • 引っ越しの日程までに一人で準備が間に合わない人
  • 片付けが苦手な人
  • 引っ越し後の生活に不安がある人
  • 家族で引っ越しをする人
  • ピアノのような重量物で思い出の品がいくつかある人
  • 遠距離の引っ越し

当てはまる人は見積もりを依頼してみると良いでしょう。

安くするにはどうすれば良いか?

単身者や家族での引っ越しなど人数や土地、距離数に応じて引っ越し費用がいくらなのか相場があります。ざっくりとした引っ越しの平均相場ですが、単身者では大体20000〜30000円、そして2人で倍の60000円以上、家族であれば100000円前後と単身者の金額にざっくり人数をかけた金額になるようです。

なるべく安く済ませる、お得に済ませるためには以下の項目に気をつけて見積もりを依頼してみましょう。

  • 引っ越し見積金額比較サイトで業者ごとの見積金額を比較
  • 金額比較で出てきた金額を元に、日程を少しずらしながらまた金額比較をする
    ※時期や曜日によって割引金額が異なるので日程がきっちり決まっていない場合は色々入力して比較します。
  • はじめは全てのサービス項目にチェックを入れておき、徐々に外していく
    特に荷ほどきは自分でできるから構わないという場合はある場合とない場合で金額を比較しておきましょう。
  • 見積もりはできるだけネットを利用する
    ネット割引がついているので基本的に詳細が確定するまで、ネットで見積もりを取っておきましょう。

また、この方法で見積もりを取り、それでも少し高いなと感じるようであれば電子レンジなど家電で売る物があれば買い取りサービスにも依頼しておきましょう。
公共料金の手続きを一括でしてもらえる業者もあるのでトータルで考えるとお得がどうかわかりやすいです。

引っ越し費用を安く済まして、新生活用品を揃えよう!

引っ越し費用は安く済ませたいですが、最低限ここまではしてほしいというサービスは考えておきましょう。あとはそのサービスと金額を天秤にかけて検討していきましょう。見積もりを取る時は業者をはじめは多くみておきましょう。たくさん業者を比較することで引っ越し費用が最もお得に感じるところで決めるようにしていきましょう。

-引越しお役立ちコラム

Copyright© 引越しWEB見積もりネット , 2019 AllRights Reserved.