おすすめ引越しサービスをご紹介

就職や進学、転勤や結婚など何かしら節目節目で引越しをするケースは意外と多いです。
進学であれば通常のアパート以外に学生用のアパートが学校側から用意されていたり、新卒採用者が就職する際は寮が用意されている場合もあります。
単身者が引越しする場合と、家族で引越しをする場合では荷物の量や家の広さが異なるため、費用や時間なども違いが出てきますね。

引越し業者によって金額だけでなくサービスや対応も異なりますので、予め知識をつけて賢くお得に引越しの準備をしていきましょう!

引越しサービスの違い

引越しの業者によって金額も異なりますが、サービスの内容も接客対応も異なります。

費用が安く済む場合は単身者向けの引越しサービスであったり、梱包資料が有料であったりする場合もあるので注意が必要です。

また、電気工事を依頼できる業者もあるので相談もできます。またダンボールの数の制限も業者ごとに異なります。50個までは無料というところもあれば10個を超えると有料になるというところもあります。

他にも、例えばピアノなどの重量物は対応してくれるところもあればそうでないところもありますし、サービスの良いところでは引越し後のピアノの調律もしてくれる業者もあります。マイカー輸送してくれる業者もあるので遠方に引っ越す場合は相談してみましょう。

他にも業者ごとに自分に合ったサービスがあるでしょうが、まずは荷物を少なくしてから考えてみても良いでしょう。引越しをするまでに時間があっても荷物の仕分けにはたくさんの時間を費やします。なるべく早めに必要なものとそうでないものを分けておきましょう。

引越し前にしておくべきこと【準備編】

大切な貴重品はそのまま手荷物として持っていくのが良いですが、家具や調理家電、洗濯機のような大型家電は運賃のことを考えると数万程度のものであれば、思い切って手放しても良いでしょう。手放す場合はリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらい、引越後に新規で購入するのがおすすめです。

荷物のサイズや大きさによって業者ごとにサービス料金が大きく異なりますので、安く引越しするためにも、荷物はなるべくコンパクトにまとめたいところです。例えば、布団であれば大きめのビニール袋に入れて掃除機で空気を抜いて、圧縮できればいいですね。

ポイントは不必要な物は処分し、必要なものだけ残し整理。その上で荷物のサイズや重さ、そして使用していたものの年季などを考慮し最終的に持っていくべきものかどうか決定しましょう。

主な荷物について、簡単にまとめてみました。

洋服

引越ししてすぐに取り出すことになるのは毎日の着替えです。アウターをのけても、下着とトップス、ボトムスだけでダンボール1~2個に収まるようにしておきたいですね。特に家族の場合は何がどの箱に入っているのか分かるようにマジックで書いておきましょう。これはどの荷物をまとめる時も共通です。

家電

サイズの大きいものは手放すべきか考えてみましょう。特に先ほども紹介した洗濯機ですが、年末や正月シーズンの引越しであればかなり家電は安く売られているので、よく考えてみましょう。エアコンやストーブなどシーズンものも考えものですが使用していた期間と買い替え時期がどれくらいなのか調べてみてもいいでしょう。引越し後もたちまち必要になるものは炊飯器や電子レンジ、オーブンなどの調理家電です。最も必要なのは冷蔵庫です。家電に関しては特に大型で高価なものであれば使用期間や耐用年数を考えて、買い替えるべきであればそれも検討しておくべき項目です。

雑貨

日用雑貨はほとんど使い切るようにします。無駄にダンボールを開けて探し回り、運ぶ労力を考えると、引越した後に買うのが効率的です。なるべく引っ越す前日までに使い切れるものは使い切るようにしましょう。洗剤やシャンプー・リンス、そしてトイレットペーパーやティッシュなど。使い切れない場合はひとまず3日分ほどの量を持っていくようにしましょう。仮に引越し後に買いに行く暇がなくとも引越し当日に使うことができます。できれば洋服同様にダンボール1個に収まるようにしましょう。これは家族の人数に限らずです。

その他

生活の必需品以外に意外と多いのが個人の持ち物です。学生であれば教科書や部活・習い事の道具、社会人男性であれば趣味でゴルフをする人も多いのではないでしょうか。車をお持ちの方でしたら車に積んで引越し先まで持っていってもいいでしょう。

荷物に関しては予め、特に家族であれば一人ダンボール○個までと決めておきましょう。今まで断捨離できなかった人に関しても取り掛かるきっかけになります。仮にダンボールの数に収まらないこともあるでしょうが、引越しの業者に頼む際にもトラック1台がダンボール何箱分収納できるのか基準があります。そこから先に逆算しておくと、手放すべきものが分かってきますね。

アパートやマンションなどの賃貸を利用する場合は軽トラック1台レンタルできる場合もあるので、引越し後に大型で必要なものがあれば利用するのもひとつの手段ですね。

引越し一括見積もりサービスとは?

引越しの荷物のまとめ方について紹介してきましたが、荷物をまとめられた後は早速引越し業者を探してみましょう。一口に引越しサービスといってもたくさんの種類がありますし、強みも異なります。単身者であれば荷物は少ないでしょうから、そこまで人手は必要ありません。けれど家族での引越しであれば引越し業者の方の人数も必要となってくるので引越し費用も異なってきます。

引越しの一括見積もりサービスを利用しますと、対応可能な業者が自動的に絞り込まれ、どの業者にすれば一番安くなるかがわかります。今の住まいから引越し先の住まいまでの距離、荷物の量(ダンボールの個数)などの情報を入力するだけで24時間、都合の良い時に引越し一括見積もりの手続きが可能です。

下記では、引越し見積もりサービスのおすすめランキングを掲載しています。一括見積もりサイトごとに対応業者が異なっていたり、便利な機能があったりするので、自分にあったところを選んでください。(もし迷ったら1位のところでOKです!)よろしければ参考にして下さい。

まとめ

いかがでしょうか?引越しをするイメージが具体的に出来てくると、後は行動を起こすのみです。

引越しの時期についても急な転勤でない限りは引越し先の住まいを決める時間もあるはずです。賃貸は春先になると数日前に目星をつけていたところもすぐに他の人に決まってしまいます。すぐに動かなければその時にしようと思っていても引越し業者も繁忙期になります。なので、なるべく決めた段階で相談や見積もりを取っておくだけでもその後スムーズに進めやすくなります。この機会にぜひ具体的な計画を立ててみましょう。

更新日:

Copyright© 引越しWEB見積もりネット , 2019 AllRights Reserved.